四国中国の縁結びにご利益のあるパワースポット・神社を紹介します。

朔日参りを実践して毎日の運気をさらにアップ!

何年前からでしょうか、私は毎月日課にしていることがあります。

 

それは、朔日参りついたちまいり、と読みます。

 

毎月1日の朝に、氏神の神社へ参拝して息災で過ごせたことを感謝するものです。

 

もともとは太陰暦を使用していたので、太陰暦の1日は新月、15日は満月であったことから朔日参りとなったようです。

 

これが朔日参りの本当の意味なのであれば新月に参拝するのもいいと思います。

 

少し前から新月の晩に目標を立てたり、お財布を夜空に向かって振るのが流行ってますよね。

 

なにより女性は月の影響を多大に受けているといいます。

 

はっきりとした起源はわかりませんが、伊勢神宮ではかなり昔から、少なくとも江戸時代ではどの神社でも慣習化されていたようです。

 

朔日参り

朔日参りのポイントは感謝。感謝の波動で運気を変える!

参拝方法は、1日の朝(特別な用事がない限り午前中には済ませてください)に自分が生まれたところ、もしくは自分の家から一番近い神社へ出向き、

 

・無病息災で過ごせたことへの感謝

 

・新しい月の無病息災、家内安全、商売繁盛など

 

を伝えます。

 

朔日参り

 

朔日参りで調べると、大きな神社では神事を始めさまざまな催しや限定のお守りなどを配布しているところが多いです。

 

・岡山県の吉備津神社では、本殿に昇殿して参拝することが可能

 

・広島県の厳島神社では早朝始発のフェリーが無料(要確認)

 

どこか遠くの神社へ行く機会があれば、1日に合わせて行ってみるのもいいと思います。

 

天気がいいと緑や社殿をはじめ、目に映るすべてのものがキラキラして見えてとても清々しい気分。

 

基本旅行などでも神社は午前中に行きますが、早朝というのは特にパワーが強いような気がしています。

 

朔日参りの参拝者は意外に多く、知らない人たちと交わす『おはようございます』の挨拶もなんだか格別に気持ちがいい。

 

こんな素敵な月の始め方はほかにあるだろうか?ってくらい気分も上がり、1度行くと次も行かずにはいられなくなりますよ。

 

ポイントは『感謝』。今自分がどのような状況であれありがとうございますと本気で感謝してください。

 

朔日参り

 

そもそも感謝の波動は日常の不安や下がった波動を修正・上書きし、ありがとうと唱えるだけで運気がどんどん上向きになっていくのです。

 

神社で唱える感謝の念が集まった朔日参り。いつもの参拝と意味が違ってくることがわかりますね。

 

最近では、神社ブームや成功者が実践していると公言しているのもあって、会社やお店をやっている人以外でもポピュラーな習慣になってきています。

 

自然の中で自分が生かされていることに感謝せずにいられなくなりますよ。

 

そして、どんどん波動が上がっていくと、それに見合った男性が引き寄せられてくるのです。

 

恋愛の運気もグングン上がる朔日参り。ぜひ実践してみてくださいね。

スポンサーリンク


 
トップ 本気で出会い!結婚相談所 復縁・恋愛成就!当たる占い 最強開運グッズ